法政大学国際文化学部の学部情報

ダイエットスタディが独自調査した法政大学国際文化学部の学部情報をご紹介します。
赤本には載っていない、リアルな情報です。

法政大学国際文化学部のキャンパス情報

市ヶ谷キャンパス

・市ケ谷キャンパスのシンボル、ボアソナード・タワー。最新設備を誇る研究施設や教室のほか、広々とした食堂「フォレストガーデン」や学生ホール「ヘリオス」も完備
・富士見ゲートはカフェテリア「つどひ」、学生ホール、オレンジカフェ(軽食堂)、売店、オレンジホール(多目的ホール)など、授業以外でも活用できる施設が完備
・アクセスも良く、キャンパス内が良い意味でコンパクトにまとまっており、学内での学生同士のコミュニケーションが取りやすい環境
・外濠校舎は音楽練習室、アトリエ、多目的ホールやメディア制作室などのほか、870人収容の大ホール「薩埵ホール」、演習室、学生ラウンジやスタディルームも完備

学部の特徴

法政大学国際文化学部は「情報文化コース」「表象文化コース」「言語文化コース」「国際社会コース」という4コース制を導入し、バランスのとれた国際社会人を育成します。

また、全員参加の海外留学-SAプログラムを義務付けています。英語圏のみならず、独・仏・露・中・西・韓という諸言語圏への留学を選択できるのも本学部の特色です。

また、留学の種類や留学先も豊富でSAプログラムも長期・短期・夏季など多岐に渡ります。SA以外の留学として海外留学プログラムには、派遣留学制度と認定海外留学制度があります。これら二つの場合は留学先の大学で取得した単位が、そのまま卒業単位にも換算されるなど、ロスなく海外での実践経験が詰めるのも魅力の一つです。

法政大学国際文化学部の卒業後の進路先の特徴としては、上述した留学プログラムなどの支援制度により、バランスのとれた国際社会人の育成に力を入れている為、学生の進学先も民間企業の中でも、グローバルに活躍する企業への就職実績が目立ちます。そのうちの代表的な大手企業を紹介すると、LIXIL,キリンビバレッジ,旭化成,カネボウ化粧品,YKK,三菱電機,トヨタ自動車,オリンパス,双日,みずほフィナンシャルグループ,三井住友銀行,三菱UFJ銀行,損害保険ジャパン日本興亜,三井
住友海上火災保険,第一生命保険,日本生命保険,JR東日本,ANA,ANAエアポートサービス,JAL,JALスカイ,NTTコミュニケーションズ,NTT東日本,ソフトバンク,NHK,外資系コンサルティングのアクセンチュア,エイチ・アイ・エス,オリエンタルランド,国土交通省,法務省など一流大手企業や重要機関への実績が豊富です。

法政大学の受験対策

法政大学の学部別受験対策情報についてはこちらをご覧ください。