法政大学人間環境学部の国語過去問分析【GMARCH】

こんにちは、GMARCH【過去問分析コラム担当】の岩澤です。

本日は法政大学人間環境学部の国語過去問分析を見ていきましょう。

構成

大問4題(現代文2題、古文1題、国語常識1題)

時間配分

国語常識・現代文:45分程度 古文:15分程度  試験時間:60

解法

入試問題の特徴とポイント

「古文を出題範囲に含み、漢文の独立問題は出題しない」現代文2題と古文1題、国語常識1題の出題。

30-50字程度とはいえ記述問題を数問課している点が特徴で、法政の中では難度は標準。とはいえ現代文2題・古文1題・国語常識1題で制限時間が60分と時間が厳しい。

現代文では評論を中心とした出題で、選択式の内容説明、内容真偽、空所補充などが問われる。文章内容のジャンルは多岐に渡るが、硬いものは少なく比較的読みやすいものが多い。記述式の説明問題が必出。国語常識では書き取りや慣用表現、文法、文学史、四字熟語などの出題がある。

古文は中古・中世の有名作品から出題されることが多い。設問は重要古語の意味や文法など基本的なものから読解力を見る問題まで幅広い出題となっている。文学史の出題も多く、例年出題されている。記述式では口語訳や内容説明が出題されており、口語訳や人物指摘の問題が出題されることもある。総合力が大事になってくるが基礎をしっかりやっていれば対応できる。難易度自体は標準的だが、問題量と制限時間の兼ね合いという点ではやや難といったところか。

設問形式の特徴とポイント


最終的には115-20分程度で解けるよう意識して取り組みたい。現代文ではどのようなジャンル・文体の評論が出てきても筆者の意見を一通り読み取れるようにしておきたい。法政の問題に共通しているが文章量・設問が多いので「速読力」を養っておく必要がある。

古文は読解力を問うものの、重要古語や基本文法を問う設問が一定数あり、学習成果を発揮しやすい問題と言える。重要古語を含む解釈や基本文法問題など、「内容を読めなくても、取れる」部分で確実に得点を重ねることが肝要である。

傍線部に当たったらそのたびに設問を確認し前後から速やかに回答を出していくということを心がけるとよいだろう。過去問演習段階では内容はさておき、「とにかく素早く書く」ことを意識してアウトプット練習を行っておこう。

解答形式の特徴とポイント

マークシート法による選択式と記述式の併用。