明治大学情報コミュニケーション学部進学! H・Nさん(和光国際高校)2020

〇合格校

明治大学 情報コミュニケーション学部

明治大学 経営学部

中央大学 総合政策学部

立命館大学 政策科学部

東京女子大学 現代教養学部

昭和女子大学 国際学部

昭和女子大学 環境デザイン学部

 

 

塚田)久しぶり!元気にしてましたか?合格たくさんおめでとう!

そして第一志望の愛しの明治合格、改めておめでとう!!

 

Nさん)ありがとうございます。先生のカワイイ後輩ですね!

 

塚田)今日は合格者インタビューよろしく!

 

Nさん)よろしくお願いします。

 

塚田)まずは入塾のきっかけから教えてくれるかな?

 

しっかり選んだ塾・予備校選び

 

Nさん)実は高2の夏から、自分で色々調べてて。12年は一切受験勉強とかしてなくて、3年になったらガチでやるぞ!みたいな。

だからちゃんと面倒を見てくれる系で探してました。

 

塚田)なるほど。面倒見の良さがキーワードだったのかな?

 

Nさん)そうですね。なのでDS以外だと、某M塾とか見てました。でもM塾はお金とか合格保証とか、強制自習の制度が良く分かんないと思いました。だから、パンフレットもしっかり見て決めようと思って、DSのパンフレットは5回くらい見ました。

 

塚田)M塾さんとは、どんな違いがあったのかな?

 

Nさん)DSは個別面談にお母さんと一緒に来て、塾の自習室とか教室の綺麗さ良いなと思いました。コピーし放題も良かったです。あとは某M塾と比べると合格保証制度は分かりやすかったです。合格保証に関しては万が一浪人する可能性も考えて、予算的にも良いなと思いました。あとは学力ゼロからでも出来るっていうのが合格者インタビューとか見ててもイメージできたので、説明と体験授業受けて決めましたね。

 

塚田)しっかり比較ポイントを考えてしっかり選んでくれたんだね。実際入ったあとのギャップはどう?

 

改めて感じたカリキュラムの効率の良さ

 

Nさん)ギャップというか最初授業は英語のみだから負担が少ないし、レギュラーテスト&授業の復習の繰り返しでリズムを作れたのが良かったです。そこで何となく自分の中の勉強リズムが作れたので。あとこれは考えすぎかもしれませんが、英語の総復習テストが毎回模試の前であるのが、実はモチベーションアップに繋がっていました。この塾本当にカリキュラムが効率良く出来ているなって。

 

塚田)具体的に言うと総復習のタイミングが模試のモチベーションアップに繋がるっていうのは?

 

Nさん)模試前に習った内容の総復習だから頑張った分だけ、模試も出来るところが増えるじゃないですか?で成績も上がって、やってる事が受験に繋がるイメージが持てました。

 

塚田)素晴らしい捉え方だね。他に効率よいって感じたところはある?

 

Nさん)受験に必要な、MARCH合格に必要な知識って限定されいてるじゃないですか?結構大手予備校とかだと色んな参考書とかに手を出したりしがちですけど、DSだとそういったことがない。とにかく基礎を徹底的に鍛えるし、無駄な事はやらないというか。

 

塚田)確かにMARCHに必要な知識は限定されている。社会で言うならMARCHのボーダーが7割前後に対し、教科書レベルで答えられる基礎問題が7割出題されるからね。

 

Nさん)そうですね。その辺がハッキリしているし、カリキュラムも徹底的に絞られていてやる事が明確なので悩みませんでした。

 

塚田)なるほどね。うちの目指しているスタイル通りにやってくれた感じだね。ちなみに具体的に塾の授業スタイルや勉強方法で役に立ったことはある?

 

常に考えるクセがつく「少人数対話式授業」

 

Nさん)対話式ですかね。常に答えを用意しなきゃだし、他の人が当てられている間も常に考えてたので眠くならない感じでした。というか授業がとにかく楽しかったので、対話式授業も楽しんでました。

 

塚田)確かにNさんは授業楽しそうだったね。クラスの雰囲気も良かったと思う。

 

Nさん)そうですね。休み時間になると対話で喋ってるから周りとも打ち解けたし、授業中常に考えるクセがつきました。だから自習の中でも考えながら勉強を進められました。あとは、間違えたくないというか、授業の雰囲気も2度目は間違えないようにしなきゃってクラス全体の良い緊張感がありましたね。

 

塚田)この辺の雰囲気作りはこちらも大事にしているポイントだね。怒るとかではなく、成績アップに必要な「1度間違えた内容は2度間違えない」だね!ほかに成績上げるのに役に立ったことはある?

 

Nさん)んーーーー、やっぱり先生の言う通りやる事を徹底したことですかね。とにかく社会が武器になったのはデカい。私世界史元々苦手で、1年生の時なんか赤点ばっかだったんですよ。2年の科目選択の時に、国際系行きたいから世界史選んで後悔するレベルで赤点でした(笑)学校の皆がびっくりしてるしみんなびびってました。(笑)

 

塚田)そうだったの?(笑)Nさんが世界史苦手なイメージは全くないな。

 

Nさん)だって定期試験100点満点で10点とかですよ?!(笑)

 

塚田)それはヤバい(笑)センター世界史97点のNさんからは想像できないね。

 

Nさん)センター満点取りたかったから本当に悔しかったです。私意外と10か月で白黒つけたいタイプなんですよ。やるならやる、やらないならやらないって感じで。12年はバカキャラで全然勉強してなくて、高2くらいに明治大学に行きたいと考えてたんですけど、勿論簡単ではないと思ってました。だから合格保証とかも分かりやすかったし、絶対取るぞ!という気持ちでやってました。

 

塚田)ちなみにそれだけ頑張ってきたからこそ、つらかったことはある?

 

Nさん)勉強に関してツラいと思ったことはなかったですね。自分で塾選びも志望校も決めたからやるぞ!って気持ちとあとは先生に相談出来たし、授業内でやった合格マインドのおかげでツラいとは思わなかったです。

 

塚田)合格マインドね!Nさん好きだったよね。具体的に何が役に立った?

 

Nさん)「チャレンジすれば脳は成長する」ってやつですかね?もちろんやる事自体に中身がなかったらダメですけど、DSってカリキュラムがハッキリしてて効率も良いじゃないですか?だから言われたことを言われた通りやれば必ず成績は上がるって感じで捉えてました。

 

塚田)本当に合格マインドの生徒ですね(笑)素晴らしい!その考え方は大学以降、社会人になっても活かせる考え方なのでぜひ大切にしてください。じゃあ受験生活全般を振り返ってどうかな?

 

Nさん)正直楽しかったです。お母さんとお父さんから「活き活きしてた」って言われてましたし、周りの友達からも「ヒナは本当に凄い、それだけ頑張ってるのが伝わってくる。」って言われましたし、自分でも「成長したな」って実感がありました。

 

塚田)楽しめてたのは素晴らしいね。そう思えると自ずと結果はついてくるものなんだよね。ちなみに成長を実感したのは具体的にはどんな部分?

 

Nさん)1つ目が勉強面とか学力の部分ですね。2つ目は「なんでもできる」という自信がついた感じです。あれだけ落ちこぼれとか世界史のクズって学校で言われてたのに、センターで満点近く取れたし、私が明治合格出来たのも世界史のおかげだと思うんです。それに勉強好きになりましたし。あとはこんだけ頑張って自分で立てた目標を結果として掴んだから自信が持てるようになりました。 

 

塚田)「自分に自信が持てた」っていうのは毎年聞くけど、本当に素晴らしいことだよね!こういう話を聞くと毎年エネルギーになる。最後にこれからEDIT STUDY(旧DIET STUDY)に入塾するかもしれない未来の後輩に向けたメッセージをよろしく!

 

Nさん)1つ目は早めに目標を決めることですかね?で2つ目が言われたとおりにやること、3つ目が毎日自習室に来る、特に現役生は!

 

塚田)それぞれ具体的に教えて!

 

Nさん)1つ目は志望校がはっきりしないとフラフラしちゃうと思うんです。頑張る原動力になるし、早めに決めるべきかなって。2つ目は勉強の仕方とかどうせ分からないならちゃんと言われたとおりにやる。分からないから塾に来てるんだから!3つ目の自習室毎日はやっぱり現役生で毎日来てた人は皆受かってるので。この3つは本当に大事だと思います!

 

塚田)確かにどれも大事だし、Nさんの言う通り毎年MARCHに受かっている人に共通している気がします!今日は本当にありがとう!!大学生活是非楽しんでください!

 

Nさん)はい!こちらこそ本当にありがとうございました!!