明治大学情報コミュニケーション学部の学部情報

ダイエットスタディが独自調査した明治大学情報コミュニケーションの学部情報をご紹介します。
赤本には載っていない、リアルな情報です。

明治大学情報コミュニケーション学部のキャンパス情報

和泉キャンパス

・文系1,2年生が通うキャンパス。最新の設備が導入された図書館や、学生であれば映画観放題の「メディア棟」など充実した設備が目白押し。
・学食ランチも3階建てで各階メニューも幅広くリーズナブル。駅前も学生向けの「安い・上手い・多い」店が多い。
・新宿から京王線で1本(最短5分)、渋谷まで京王井の頭線で1本(最短7分)とアクセスが非常に良い。井の頭公園での花見も新歓コンパの定番。
※3,4年で駿河台キャンパスに移動の為、和泉キャンパスのみの必修単位を落とすと通称「和泉返し」にあうので、気を付けるべし!

駿河台キャンパス

・文系3,4年生が通うキャンパス。和泉キャンパスと違いビジネス街の御茶ノ水に位置する、通称「リバティータワー」
・周りに本屋・楽器屋・レコード屋が大量にあり、趣味に没頭できる環境でもある。お洒落なカフェやランチも多数あり、カレーや蕎麦も有名店多数。
・図書館が超近代的で、蔵書も珍しいモノ含めて数多く所有されている。勉強やゼミのミーティングで使用できるラウンジなど設備の充実も魅力。

学部の特徴

明治大学情報コミュニケーション学部では、高度に情報化し、複雑化した現代の諸課題に学際的な方法でアプローチする学部です。その為に「<現在>を捉える」・「多様で学際的」・「創造と表現(Creation & Expression)」を3つの柱と定め、それを実現するために、カリキュラム・コース等を設置しています。その多様性は学内でも随一で1年間に800以上の多種多様な授業が開講されています。例えば、何らかのメディアを使って学んだ知識を「表現すること」を支援しています。具体的には、2014年度には
フジテレビと共同して、番組制作を通じてメディアリテラシーを実践的に身につける授業科目として、『メディア方法論』を開設しました。

明治大学情報コミュニケーション学部の進路先の特徴としては、業種・業界別でみると比較的多くなっているのはサービス業、情報通信業が多くなっていますが、製造業や卸売・小売業など多岐に渡るものとなっています。具体的に就職先企業を大手企業を代表的に挙げていくと、日本郵政グループ、三井住友海上火災保険、あいおいニッセイ同和損害保険、りそなホールディングス、NECソリューションイノベータ、クレディセゾン、損害保険ジャパン日本興亜、東京海上日動火災保険、東京特別区職員、ナムコ
など多くの業種・業界の一流大手企業の名前が揚がります。業界・業種を問わない点も特徴の一つと言えるでしょう。

明治大学の受験対策

明治大学の学部別受験対策情報についてはこちらをご覧ください。