成蹊大学文学部進学!勢登ほのかさん(桜美林高校)2019

〇今年度合格校
成蹊大学文学部英文学科合格!
成城大学文芸学部英文学科合格!
明治学院大学文学部英文学科合格!
亜細亜大学国際関係学部合格!【セ】

村山)お、なんか大学生っぽくなったね!

勢登さん)はい、大学生ということで髪を染めてみました。

村山)いいね。
あらためて成蹊大学進学おめでとう!まずは今の率直な気持ちを聞かせてください。

勢登さん)そうですね。
なんとか大学生になれてよかったなーと、安心しています。

◇予想外に緊張したセンター試験

村山)この状況で複数合格は見事だと思います。
では、まずは入試を振り返って手応えはあった?

勢登さん)明治学院と成城は手応えがありました。成蹊は三日連続の日程の中日で、緊張するのも疲れて脱力して受けたら上手くいったという感じです。

村山)あれ、そもそも緊張はしませんって面談で豪語してなかった?

勢登さん)自分ではそう思ってたんですけど、センターの英語でめちゃくちゃ緊張して、直前の演習では取ったことのない点数を取ってしまい、やっぱり大学受験本番は違うんだなと思いました。

村山)そうだったんだ。

勢登さん)はい。
センター翌日は学校で自己採点の報告だったんですけど、なんか疲れてしまってサボりました(笑

村山)へえ、そんなにショックだったのか。切り替えは上手くできた?

勢登さん)切り替えはすぐにできて、その次の日からは過去問対策に入ってました。

村山)それはよかった。
では切り替えた後、具体的には何を勉強してたの?

勢登さん)世界史の詰めが甘いと自覚していたので世界史を固めていました。『100題』まではなかなか手が回らなくて、教科書で基礎知識の確認を行いつつ、並行して過去問を解くという感じでした。

◇決め手は少人数制とテスト管理

村山)なるほど。
今年はセンター試験から一般入試までの間隔が例年より短かったので大変だったと思うけど、最後まで諦めずに追い込んで勉強したことが結果につながったのだと思うよ。壽原くんに続いてアディー学習院の卒業生は優秀な子が多いね。

勢登さん)そうなんですかね。
ありがとうございます。

村山)勢登さんもやっぱりアディー学習院の安藤先生にここを薦められたのだと思うけど、そんなに中学のときの塾の先生と連絡って取るものかね?

勢登さん)中1から中3まで3年間通っていたというのもありますし、私が高校受験で第一志望だったところに落ちたときに「大学受験のときにまた来なよ、いい塾を教えてやるよ」と言われていたので自然とアドバイスを聞きにいったという感じです。

村山)そうだったんだ。
じゃあ他の塾・予備校は検討せず?

勢登さん)いや、一応他のところも見ました。
もともと高1から高2まではステップに通っていて、高3に上がるタイミングで東進と河合塾マナビスを見に行ったんですが、映像だと寝てしまいそうだったので結構すぐにここに決めました。

村山)ちょうど去年の今頃に面談したね。
DIET STUDYの特にどの辺が決め手だったの?

勢登さん)少人数でやってくれるところと、スケジュールが決まっていて管理してもらえそうなところですね。

村山)そっか。
たしかに少人数クラスと管理はDIET STUDYの強いところだね。入塾にあたり何か抱負のようなものがあったなら聞かせてください。

勢登さん)入塾するときは「テストは全部合格しよう!」って思ってましたが、実際勉強を始めると時間が全然足りなくて、結構落としてしまいました。

村山)勢登さんは軽音部の活動もあったし前半は特に忙しそうだったね。それでも合格保証のラインは越えてたから偉いと思うよ。何か普段の勉強で意識していたことはあった?

◇負けず嫌いで勝手にライバル視

勢登さん)私、塾に友達がいなかったんですよ(笑
なので、特に話したことのない隣の人を勝手にライバルにして、「この人より良い点数を取ろう、勝ちたい!」という風に念じながら勉強してました。

村山)謎のライバル心。。
勢登さんにはふとした瞬間にものすごい「負けず嫌い」を感じるんだけど、それは受験を通して身についたの?

勢登さん)いや、これは生まれつきです(笑

村山)そうなんだ。
じゃあ、逆に今年一年を通して何か変わったことってある?

◇自分の意志で大きく成長できた一年

勢登さん)そうですね。
この一年を通してちゃんと頑張れたので、今は何でも頑張れる気がしています。そこは変わったかなと。

村山)もともと頑張れる子に見えるけどねえ。

勢登さん)頑張れるというか、中学のときくらいまでは超まじめだったんですよ。生徒会にも入っていましたし、ただ言われたことをやるのが得意な感じでした。それが高校に入ってからいい意味で少しずつ力が抜けてきて、軽音部もそうですけど自分の意志でちゃんと選んだものをやりきって、その流れで大学受験もやりきれたというのが自分にとっては大きな成長でした。

村山)すばらしい。
ではそんな成長著しい勢登さんだけど、大学ではどんな生活を送る予定ですか?

勢登さん)もともと国際系を志望してたこともあって、やっぱり留学はしたいと思ってます。あとはサークルも入りたいし友達もほしいです!

村山)キラキラ系ですね。
大学合格から入学までのこの時期っていろいろ期待を膨らませることができて楽しいよね!きっと楽しい大学生活になると思います。

勢登さん)はい、全力で楽しむつもりです!

村山)では、最後に受験生へのアドバイスで締めてもらえれば。

勢登さん)そうですね。
細かい勉強の話はあまりないんですけど、私は大学受験には「心の安定」がすごく大事だと思いました。現役生だったら学校の友達と励まし合って、浪人生の人も塾や予備校の仲間と励まし合って、勉強のモチベーションを保つといいと思います。

村山)いいアドバイスだね。
DIET STUDYでも勉強以外に合格マインドのような取り組みを継続していきたいと思います。
今日はありがとう!