中央大学2021年度(新入試)個別学部日程を検証

一言でいうと?

simple&過去踏襲!!

 

具体的にいうと?

simple

✓例年からの大きな変更なし(経済学部・文学部・総合政策学部・国際経営学部・国際情報学部は外部検定試験枠あり≒例年から継続)

✓一般選抜は学部統一と個別日程(今回の検証は個別日程)

✓各学部、各科目で求めらる要素は共通かつ例年と大きな変更なし

 

過去踏襲!!

✓各学部の試験概要は大きな変更なし

✓求められる要素は「圧倒的基礎力」→例年から大きな変更なし

✓大きな変更点がないので「圧倒的基礎力」+「過去問対策2-3年分」で十分対応可能

 

memo

✓各学部の例年の合格最低点は7割前後

✓出題範囲は高校レベルの基礎問題から7割前後出題される

受験科目トータルで合格最低点を上回れば合格できる

 

※共通テストに通用する「圧倒的基礎力」(旧センター試験で3科目トータル85%前後のイメージ)「過去問対策2-3年分」で十分対応できます。ただ例年と大きな変更なしとは言え、現役生も浪人生も各学部の試験内容の概要を掴みたいと思いますので、下記に中央大学文系学部の一般選抜試験の概要を抜粋しておきます。

 

各学部試験概要(募集人数、試験内容)

法学部

①募集人数:個別試験457名(3教科) 統一66名(3教科)

②試験科目:外→英語 国→漢文除く 地歴・公民・数学→世界史B・日本史B・政治経済・数学から選択

③試験内容:外150点 国語100点 地歴・公民・数学100

④試験時間:外90分 国語60分 地歴・公民・数学60

 

経済学部

①募集人数:個別試験527名(外部検定:20名) 統一80

②試験科目:外→英語 国→漢文除く 地歴・公民・数学→世界史B・日本史B・政治経済・数学から選択

③試験内容:外150点 国語100点 地歴・公民・数学100

④試験時間:外90分 国語60分 地歴・公民・数学60

 

商学部

①募集人数:個別試験500名(外部検定:若干名) 統一70

②試験科目:外→英語 国→漢文除く 地歴・公民・数学→世界史B・日本史B・政治経済・数学から選択

③試験内容:外150点 国語100点 地歴・公民・数学100

④試験時間:外80分 国語60分 地歴・公民・数学60

 

文学部

①募集人数:個別試験486名 統一51

②試験科目:外→英語 国→国語総合 地歴・数学→世界史B・日本史B・数学から選択

③試験内容:外150点 国語100点 地歴・数学100

④試験時間:外80分 国語60分 地歴・数学60

 

 

総合政策学部

①募集人数:個別試験100名(外部検定換算:10名) 統一30

②試験科目:外→英語 国→国語総合(漢文除く) 

③試験内容:外150点 国語100点 地歴・数学100

④試験時間:外100分 国語90分 地歴・数学60

 

国際経営学部

①募集人数:個別試験70名(外部検定:20名) 統一20

②試験科目:外→英語 国→国語総合(近代以降の文章) 

③試験内容:外200点 国語100点 

④試験時間:外90分 国語60分 

 

国際情報学部

①募集人数:個別試験60名 統一5

②試験科目:外→英語 国→国語総合(近代以降の文章) 

③試験内容:外150点 国語100点 

④試験時間:外90分 国語60

 

※詳細に関しては中央大学の各学部入試要項を確認してください。

 

まとめ

中央大学は基本的に連年から大きな変更は今のところありません。どの大学にも共通して言えますが、同じ大学であれば学部が違っても問題の傾向は似ています。

つまり中央大学を志望していて、例えば経済学部と商学部と総合政策学部を受験するという戦略を立て、1つの学部で2-3年分の赤本対策が出来れば6-9年分対策をしたと言っても過言ではありません。

繰り返しになりますが、①「圧倒的基礎力」を付け②「受ける学部1つにつき過去問対策2-3年分」を実施すれば十分合格は狙えます。