中央大学国際経営学部の学部情報

中央(国際経営学部)

キャンパスの特徴

多摩キャンパス

・都心部から離れているので良くイジラレやすいが、侮ることなかれ!その分キャンパス内の設備が非常に充実しています。
・学食のみの専用建物があり、しかも4階建て。メニューも豊富で学生向けのリーズナブルな価格帯。ワンコインで何でも買えます。
・1人暮らしの生徒も多く、溜まり場にしたりなど、とにかく結束力が半端じゃない!
・勉強用のラウンジや、キャンパス内の自然も豊富でザ・キャンパスライフ的なスペースが非常に多い。

学部の特徴

中央大学国際経営学部の特徴としては、国際経営学部のカリキュラムは、グローバル化を避けては通れない企業経営のあるべき姿を学問研究のコア領域に位置づけ 学生がやがて国際社会を牽引するのに必要な素養を身につけるために、①基礎教養・情報統計からなる「総合教育科目群」、②国際経営スタンダード・企業経営・グロ
ーバル経済・国際地域研究からなる「専門科目群」、③外国語の活用を軸にしたコミュニケーション力と交渉力の向上に主眼をおいた「グローバル人材科目群」の3つの 柱から構成されています。また、国際経営学部は経済学、経営学に関する理論と関連領域にかかる教育研究を行い、急速に変化する国際企業経営に必要となる企業
経営やグローバル経済にかかる専門知識を駆使し、国際地域研究を通じた学びと高い語学運用能力で国際社会を舞台に活躍できる実践知を備えた人材を養成する 。
つまり、経済に係る専門知識と高い語学運用能力をもって国際社会を舞台に活躍できるグローバルビジネスリーダーを目標としています。 この理念を実現する為に、留学やフィールド・スタディ等のグローバル人材科目群での学びを通じて修得した「暗黙知」とを、ゼミ活動を通じて融合させ、戦略的思考や 国際コミュニケーション能力といったグローバルビジネスリーダーが備えるべき「実践知」を修得できるカリキュラムが特徴の一つです。
 このようなバックアップのカリキュラムが充実していることからも、将来的にグローバルに活躍できる人材、就職先でいけば、大手のインフラ系の会社やグローバル展開 している大手総合商社、コンサルティングファーム、シンクタンク、グローバル展開している大手製造業などが見込めるでしょう。