中央大学商学部進学!M・Fくん(國學院高校)

〇合格校

國學院経済学部
中央大学商学部金融学科
中央大学経済学部経済情報システム科

 

村山)見事に現役MARCH合格おめでとう!

Fくん)ありがとうございます!今日はよろしくお願いします!

村山)試験は緊張した?

Fくん)いや、それが全然しなかったんですよ。合格マインドで習った「セルフコンパッション」で自分のことをケアしたり、あとは合格保証対象だったのでたぶん実力通り出せればどっかには受かるだろうという安心感もあり、リラックスして受験することができました。

村山)おお、それは模範的なEDIT STUDY生だね!試験の出来はどうだったの?

Fくん)試験の出来自体は全部同じくらいで、自信があるでもない、ないでもない、という感じでした。結果的に明治と法政は落ちてしまったんですが、中央はふたつ合格をいただきました。

村山)MARCHの中でも中央は基礎的な問題を出す傾向が強いから、しっかり勉強している生徒は他との相性が悪くても中央だけは受かる傾向があるよ。完全に地力を発揮しての合格だと思います。さすがだね。

Fくん)そう言ってもらえると嬉しいです。時間配分をミスったとはいえ國學院が補欠だったのであらためて偏差値だけじゃわからないなあとは思いましたが、経営系の学部に行きたかったので満足しています。

合格保証で決めた塾選び

村山)それはよかった。では早速インタビューに入って、まずはEDIT STUDYを選んだ理由というか経緯を教えてください。

Fくん)さっきも少し触れたんですけど、僕にとっては合格保証があるのが大きかったです。今年はセンター試験最後の年ということもあり、万が一のときの後ろ盾があるのはとても魅力的でした。

村山)そうだったんだ。まあFくんは國學院高校だからそのままいけば國學院大學は行けるところを、あえて外部受験ということはそれ以上を目指すということだもんね。

Fくん)はい。MARCH以上に合格できなかったらたぶん浪人していました。

村山)それくらいの覚悟は決めておかないと昨今の情勢ではなかなか現役でMARCH合格は厳しいよね。他の塾・予備校はどこか検討していた?

Fくん)東進と河合を検討していました。両方見に行ったんですけど、東進は映像がメインなので自分が上手く活用するイメージが持てませんでした。河合の方は授業が大人数すぎてさすがにないなと思ってやめました。

村山)EDIT STUDYは少人数というところも決め手のひとつだった?

Fくん)はい。中学の頃に通っていた塾がクラス人数3人で自分に合ってるなと思っていたので、それに近い感じで勉強できるイメージがわきました。

レギュラーテストは満点合格!

村山)そうだったのか。では、入塾する前に決意していたことなどあれば聞かせてください。

Fくん)中だるみしないように毎回のレギュラーテストで満点を取ろうと心がけていました。

村山)実際にはどうだった?

Fくん)全部満点とはいかなかったですが、合格率は95%以上だったと思います。

村山)たしかにほとんど落とした記憶はないね。そのテスト合格率を維持するために気を付けていたことはありますか?

Fくん)一番は健康です。体調を崩して授業を受けられなかったら元も子もないですからね。頭が痛いときでも熱がないときは少し頑張って授業に参加しました。

村山)そういえばかなり体調が悪そうなときでもなんとか出席していた印象はあります。考え方としては一回休んでちゃんと治してから勉強した方がいいというのもあると思うけど、なぜそんなに出席にこだわったの?

Fくん)「テストを受けない」ということをしたくなかったんですよね。僕の中でテストは弱点を発見するために受けるもので、テストで失点してはじめて自分の苦手がわかると考えていました。なので、テストを受けないことでその範囲の穴が確認できなくなることがイヤで、そうなると必ず出席しようという気持ちになりました。

村山)しっかりと自分の中で軸があったんだね。

普通にやってたらMARCH合格は難しい

Fくん)そうですね。もっと言うと去年の受験が厳しかったのもあって今年も厳しくなると思い、普通にやってたら現役でMARCH合格は難しいと考えていました。現役はやはり浪人生と比べて時間が全然ないですよね?なので、効率よく自分の弱点をつぶすためにテストの存在が必要でした。

村山)そうだね。去年と今年はラッキーな合格というのはほとんどなかったと思います。MARCH以上に受かった生徒は例外なく相当やり込んでいたし、それでも落ちてしまった生徒もいます。

Fくん)僕の高校の周りの人たちもかなり苦戦していたみたいです。

村山)そんな中、Fくんが合格したのはなぜだと思う?

Fくん)EDIT STUDYのテストの多さのおかげだと思います。毎回のテストで合格できるよう勉強するのは苦しかったですが、成績アップの要である「復習」を何回も繰り返すことで確実に知識を身につけることができました。

村山)なるほど。Fくんの考え方と相性がよかったんだね。では逆にEDIT STUDYの弱点というか改善点はどんなところだろう?

Fくん)これは僕が悪いんですけど、合格保証があるおかげで安心して受験することができる反面、浪人もアリみたいな考えが出てきてしまう部分はありました。

村山)浪人は考えちゃダメだよって言ってたでしょ(笑

Fくん)まあそうなんですけど(笑

村山)では最後になりますが、これから受験を迎える方たちにこれだけは伝えておきたいというメッセージがあればお願いします。

Fくん)勉強で一番大事なことは「復習」だと思います。とはいえ、あとでまとめて復習するのは大変ですし、一方で、すでに覚えているところはもう一度やり直すだけ時間の無駄です。なので、テストをうまく活用して自分の弱点を見抜いて、そこを重点的に復習することがとても大切だと思います。

村山)いいね。そこまで勉強のやり方がわかっていたら今後資格試験の勉強とかもうまく切り抜けられると思います。今日はありがとう!