【DS講師ブログ】第27回 吉祥寺校/日浅先生 既卒Oくんインタビュー!

こんにちは。DIET STUDY吉祥寺校の日浅です。今回は既卒生Oくんのインタビューです。

 

日)Oくんこんにちは!古文のことで悩んでいるって聞いたんだけど、どうしたの?

 

O)いや~、古文の単語テストが全然できないです。めちゃくちゃ難しくないですか?

 

日)確かに単語テストといいながら実際は単語のテストだけじゃないもんね(笑)

 

O)そうですよね!最初は見開きに載ってる単語だけ覚えていったんですけど、例文から他の単語の意味とかも普通に聞いてくるし、品詞分解もやらされるしでビックリしましたよ!

 

日)そこ一番最初の古文の時間にちゃんと説明したんだけどな(笑)でも、全然できないといいながら最近はコツを掴んできているんじゃない?しっかり点数も上がって来てるじゃん。

 

O)一度先生に勉強の仕方を相談させてもらったことがあったじゃないですか。その通りにテスト対策するようになってから点数が上がりましたね。

 

日)俺、なんかアドバイスしたっけ?

 

O)してくれましたよ!(笑)単語帳を拡大コピーして、実際に自分で品詞分解してみろって。

 

日)わからないところがあったらテキスト使って調べて、訳と照らし合わせてみる。で、最終的には品詞分解を含めて文章ごと覚えてしまうように!ってね。

 

O)そうです。それをやると最初はめちゃくちゃ大変でした。時間もすごくかかったし。でも、慣れてくると一気に古文が読めるようになった実感がありますね。

 

日)古文て昔の日本語だからね。現代の日本語と共通している部分もあるから、そこはある程度読める。でも入試で聞かれるのって今の日本語と意味が違っていたり、そもそも存在していない語句の部分なんだよ。そこは外国語を学ぶ感覚で勉強しないと得点にならない。

ところで、英語の勉強はしっかりできてる?古文が入ってくると勉強のリズムが変わって他の科目がおろそかになりがちなんだけれど。

 

O)大丈夫。。。だと思います。(笑)

 

日)怪しいな(笑) 何故かわからないんだけど、最近俺のところに「受験が近づいてきたから読み込みをするよりも他の勉強をした方がよくないですか?」という質問をよく受けるんだよ。

 

O)僕もそうかもしれません。試験が近づいてくると、模試とか過去問を解いた方が実力がつく気がするんですよね。正直、読み込みの時間も古文が始まってから減ってます。。

 

日)まあ気持ちはわからないでもない。英語の文章を、しかも一度読んだ文章を繰り返し何度も読む作業は退屈だし、勉強している気にならないかもしれない。でも、基本的にはアウトプット(問題演習)で成績は伸びないよ。これは覚えておいた方がいい。おそらく受験期に差し掛かってきたこの時期って、英語の読み込みをおろそかにし始める生徒が増えているはず。焦る気持ちもわかるけど、O君も一度初心に戻った方がいいかもしれないね!

 

O)わかりました。基本に戻ってしっかり読み込みやります!!

 

日)頼むぜ!また近いうちに話を聞かせてよ。頑張ってね!

 

O)頑張ります!ありがとうございました。