【DS講師ブログ】第22回 吉祥寺校/日浅先生 既卒Aさんインタビュー!

こんにちは。吉祥寺校の日浅です。
今回は既卒生Aさんへのインタビューです。

日)最近Aさんが自習室で勉強しているのをよく見かける。自習はずっと家の近くの図書館でやっていたんだよね?

A)最寄り駅が家から遠くて、塾までトータル小一時間くらいかかっちゃうんです。移動時間がもったいなくて今まではずっと近所の図書館で勉強してました。

日)確かに微妙に距離があるな。でも9月くらいからは授業のない日はほとんど自習室に来ているよね?一体どうゆう心境の変化があったんだろう?

A)やっぱり先生がいつも教室にいてくれているので、気軽に質問にいけるのがいいですね!

日)それに気づくの遅いよ!(笑)

A)(笑)あとは、最近英語の演習が始まったじゃないですか。やっぱり緊張するし、点数が下がるとヘコんだり、やる気がなくなってしまう時があります。そういう時に先生のほうから声をかけてくれるのが嬉しいですね。

日)演習で思ったような点数が出ないとあからさまに顔色が真っ青になる生徒が多いよね(笑) 模試は模試だから結果に一喜一憂していたらダメって口を酸っぱくして言っているんだけど、落ち込んでしまう気持ちもわかる。

A)そんな時に1人で嫌な気持ちのままでいると、全然復習とかに集中できなくて。先生に愚痴を言いまくってストレス発散して気持ちを切り替えてます!!

日)。。。。。可愛い生徒のためだからいくらでも聞きましょう(笑)
ところで、英語の読み込みはしっかりできてる?

A)やってますけど、この頃英文がめちゃくちゃ長くないですか?(笑)

日)長いね!大学の過去問の大問をまるまる一つ読み込んでもらっているからな。

A)ですよね。でも授業でしっかり文法事項を確認してくれるし、ネイティヴの音声も用意してくれているので何とか今まで通りにやれています。

日)ネイティヴの音声付きの過去問まで用意している塾ってあんまりないかもね(笑)
まあそれくらい五感をフルに使ってたくさん英文を読みまくって欲しいということなんだけれど。

A)最初のほうは英語の文章を読みまくっているだけで点数が上がるなんて信じられませんでした。でも、本当にしっかり読み込みをやれば実際にテストの点数が上がったのでビックリしました。
日)そういえば先週やった演習で195点というハンパない点数をたたき出していたよね。あれにはこっちがビックリしたけども(笑)

正直俺はAさんに関しては英語はあまり心配していないんだけど、世界史はどうかな?5月からスタートして最初のほうは大分苦戦していた印象があって、最近ようやく安定してレギュラーテストの点数も取れるようになってきたよね?

A)勉強を始めたころは本当に世界史が大嫌いでした(笑)ギリシャとかローマの人たちの名前が全部同じに見えちゃって。。てかそもそも社会の選択科目を5月まで日本史にするか世界史にするか迷っていたので、慣れるまでは「日本史にすればよかった」って後悔していました(笑)

日)世界史に関する相談もしょっちゅうしてきてくれたもんな(笑)でも、なんだかんだ世界史という科目に適応してきているよね。コツを掴むきっかけみたいなのってあったの?

A)やっぱり先生の言う通りに勉強するのが一番なんだってわかりました(笑)今日習ったことは今日中に覚える努力をするとか、年号地図暗記は後回しにしないで絶対に1週目で覚えてこいとか。。最初は先生が鬼に見えましたけど、やっててよかったと思います。

日)厳しいことを言う時もあるけど、間違った勉強の仕方は絶対に言わないからね。

これから古文とか現代文の勉強も始まってさらに時間の使い方がシビアになってくるけど、一緒に頑張って乗り越えていこう!今日はインタビューを受けてくれてありがとう。また話を聞かせてください。

A)わかりました!