【日東駒専】2021年入試変更点

皆さんこんにちは。

 今回は、日東駒専について、紹介していきます。MARCHのすべり止めとして有力な候補となっており、昨年度から入試難易度が急上昇した大学群ですが、どのような対応をしていくのでしょうか。

 

 日本大学:共通テスト利用方式を設置。英語外部試験については学部ごとに分かれる

東洋大学:共通テスト利用方式を設置。英語外部試験について利用するとするものの詳細は不明

駒沢大学:共通テスト利用方式を設置。英語外部試験については利用を拡大するとしているが詳細は不明。高校時の活動記録は入試特待生に対する奨学金給付判定に用いる

専修大学:共通テスト利用方式を設置。英語外部試験については共通っテスト利用方式にて使用する方向で検討しているとしてるが詳細不明

 

 

【日本大学】

現行のセンター枠を共通テスト枠として設置し、英語外部試験については学部ごとによって対応を変えるのが日本大学です。現段階で英語外部試験の使用を明言している学部は以下の通り。

 

・経済学部:一般入試枠

・危機管理学部:一般入試枠

・スポーツ科学部:一般入試枠

 

今後の発表で英語外部試験を用いる学部が増える可能性があるため、情報の更新には注視したいところです。

しかしながら、そもそも使用すると明言している学部についてもどのような配点や利用になるのかは不明なため、受験生としてどのような対応を取るべきか、についてはお話をすることが出来ません。

また、受験生の学力帯も今年の入試難易度の変化によってつかみきれませんから2019年の段階では対策のしようがない、というのが本音です。

基礎力があってまあまあ勉強すれば入れる大学ではありますが、油断せず学習して行きましょう。

なお、高校時の活動については入試の時点では評価の対象となりません。

【出典:2021年度以降の入学者選抜について(予告)

 

【東洋大学】

センター試験枠を改め共通テスト枠として設置する。以外については明言がないのが東洋大学となります。英語外部試験についても使用する方向で検討するとしながらも詳細は不明なため、受験が必須となるのか、オプションとなるかはまだ分かりません。高校時の活動記録についても一般入試においては合否判定に用いないとしています。

今後の様子を見ていく必要があります。

【出典:2021年度の入学者選抜について

 

【駒沢大学】

センター試験枠を共通テスト枠として設置し、英語外部試験については利用を拡大するとしているものの詳細の発表はまだありません。

他の大学と異なるところとしては入試特待生に対する給付判定に高校時の活動記録を用いるところでしょうか。

【出典:2021年度以降の入学者選抜について

 

【専修大学】

センター試験枠を改め共通テスト枠を設置し、その評価に英語外部試験を用いる方向で検討しているとしているのが専修大学です。詳細が不明なためこちらも追加の発表を待たなければなりません。なお、一般入試については英語外部試験に関する言及がなく、共通テスト枠以上に状況が不明です。

高校時の活動記録については提出を要求するものの、合否判定には用いないとしています。

【出典:学部入試情報

 

 

日東駒専については日大を除き主だった情報が出ていないというのが現状です。また日本大学の発表情報も少ないため、各大学が様子を見ている姿勢がうかがえますMARCHすべり止めの大学である以上、MARCHの入試に対する対応が具体的なものになって初めて対応を決めるのかもしれません。